2017年04月26日

かっぱの歓迎会を開いた日

さぁてさて、数日前のこと。南の島より飛んできた珍客がひとり。その名もサム母。
遥か遠い所より飛んで来たんですもの、こりゃ、がっぱ地方ならではのところで
お客様を接待せねばいかん~と、ちび族長兄ちびがっぱが一生懸命に考え
結論を出した場所があったのです。それが・・・こちら
千石1.JPG千石2.JPG千石3.JPG
馴染みのゾウさんの鼻に身を任せ辿り着いたのは、現在、ツツジの見頃を迎えている
かっぱの郷…正式名称は千石の郷。ここならあの食いしん坊一族長老(いわゆるサム母)
心と胃袋を満足させてくれるに違いないとの強い確信を以て、お郷の入り口をくぐる
一行だったのです💨
千石4.JPG千石5.JPG千石6.JPG
ちなみにこの日は気合を入れて臨んだため、レストラン開場時刻よりも随分と早い到着
だった為、晴れて眺めの良い窓際のお席を無事GET。この窓からの眺めもご馳走よね。
そして、がっぱ家かっぱたちは今月二度目となる訪問の為、既に勝手知ったる我が台所の
こちらのブッフェ台。その様子をチラッとご紹介👊
千石7.JPG千石8.JPG千石9.JPG
まずサラダコーナーには春のパワーサラダということで初鰹のたたきや
エビイカの魚介類やら春野菜満載の工夫を凝らされた料理の数々。
そして筍・鰯明太・白身魚の天ぷらにあとソースの種類も豊富な豚のヒレかつに
塩麹の唐揚げなど老若男女が喜ぶ多才なラインナップが揃う充実の揚げ物コーナー。
そんなお料理を含め・・・まずはちびがっぱの第1陣皿の様子が・・・こ・ち・ら
千石13.JPG千石14.JPG千石15.JPG
9分割皿の真ん中に据えたのは初鰹のサラダ。角切り鰹の他に、角切りアボカドも満載で
何とも嬉しい限り。さらに前回訪問時にあまり良い印象の無かったスペアリブの中華炒め。
こちらをもう一度、リベンジ…としてみたところ、この日のスペアリブさんは美味しい
・・・と、一度好物にはまると、徹底してそちらに首ったけ状態となるかっぱ一行。
という訳で、第2陣皿の様子が・・・こ・ち・ら
千石19.JPG千石20.JPG千石21.JPG
こちらのメインは初鰹のサラダ…に、豚ヒレかつ・そしてスペアリブの中華煮を添えて。
思い起こせばこの日のかっぱチョイスは、お肉やお魚等々のたんぱく質多めだった模様。
むむ・・・さてはちびがっぱよ、その背丈を伸ばそうと企んでいるのかしらん💣
そんな各々の思惑が渦巻く中…がっぱあやが特に気になるのはやっぱりこちらのエリア
スイーツ1.JPGスイーツ2.JPGスイーツ3.JPG
スイーツ4.JPGスイーツ5.JPGスイーツ6.JPG
スイーツ7.JPGスイーツ8.JPGスイーツ9.JPG
スイーツ10.JPGスイーツ11.JPGスイーツ12.JPG
スイーツ13.JPGスイーツ14.JPGスイーツ15.JPG
今月のスイーツテーマは真っ赤なプリンケーキと春の新作スイーツということで
がっぱあやならずとも、呑兵衛かっぱであるサム母のテンションもUP、UP
さすが赤色スイーツ、食いしん坊たちの心を持ち上げてくれる力・・・ですな
そんな一行が浮かれ気味の中・・・真剣な面持ちでお皿作りに邁進するちびがっぱ
そんなかっぱ渾身の作品が・・・こ・ち・ら
千石22.JPG千石24.JPG
千石25.JPG千石26.JPG千石27.JPG千石28.JPG
こちらもすでに勝手知ったる我が台所状態の為、迷わずお気に入りのスイーツ・・・
お腹にベリーの層を抱えたチーズムースに豆乳クリームの桜モンブランなどをチョイス。
さらに今回その美味しさに目覚めたのが、甘酒のムース。ツルリンとした食感のムースは
ちゃ~んと甘酒のお味が効いていてその優しい甘さに一行、もうウットリ
これまたほんのりとした塩味がアクセントとなっている塩麹のマドレーヌも添・え・て
そんなこんなで、各自、好みのお料理を引っ提げ、充実のひと時を過ごしたかっぱ一行。
千石16.JPG
もちろん呑兵衛かっぱには命の水を添・え・て
美味しいものに囲まれ、すっかり出来上がった一行。
うふふ・・・これでがっぱ地方滞在の幸先の良いスタートを切れたというもの。
こうして数日間に渡る怒涛の日々(ただの遊びまくり食べまくりの日々ですが💦
そしてサム母はすでに帰還済みですが💦💦)
に備えてのエネルギー補給は完了~とばかりに
呑兵衛たちの体をブルーライオン号に押し込み、真っ暗闇の山道をクネクネすべく
華麗なハンドルさばきを披露するちびがっぱ&がっぱあやだったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

かっぱの豆腐三昧した日

いつものかっぱの郷(天拝の郷)へ行く道すがら、どうにも気になるお店があったのです。
それが・・・こちら👊
豆腐1.JPG豆腐2.JPG豆腐3.JPG
その名はSOY DELICA 豆の蔵さん。
その名の通り、ヘルシーな豆製品惣菜=豆腐料理がビュッフェ形式で頂けるお店。
向かって左には、親会社さんが経営するフラワーショップが、右にはこのお豆腐料理の
ビュッフェ会場が設えてあるという造り。だからでしょうか、入口に掲げられている
ウエルカム造花も華やかで、この日のおともかっぱ・すみっコマリンは早くもウットリ
なお、システムとしては前金制で70分一本勝負・料金は大人ひとり1080円也。
ではではそのお料理メニューの一部をご紹介
料理1.JPG料理2.JPG料理3.JPG
うの花やいり豆腐、白和えやらきんぴらといった派手さはないけれどどこか懐かしさを
感じるようなTHE・お惣菜といった料理がズラズラリ。
そんな中、いわゆるおかずとなるような豆腐ボールや豆腐のナゲットなど、豆腐由来の
揚げ物料理や鶏の唐揚げや鯵フライなども一緒に並んでいるのは、何とも嬉しいところ。
料理4.JPG料理6.JPG料理5.JPG
料理7.JPG料理8.JPG料理9.JPG
ダイナミックな豆腐サラダにまだほんのり温かさが残る寄せ豆腐やおでん・・・その他
あったか料理コーナーには肉豆腐・麻婆豆腐・大根のオーブン焼きなどがスタンバイ。
料理10.JPG料理11.JPG料理12.JPG
料理13.JPG料理14.JPG料理15.JPG
鶏の唐揚げにとってかわって登場なのは鶏手羽の唐揚げ。さらに豆腐の餡かけハンバーグ
など、メイン料理に据えられるものも。さらにキーマカレーやグラタン、ちらし寿司など
そのラインナップは多種多様。料理は無くなると違うメニューが入れ替わりで出てくる
こともあるようですが、常時・・・約25品(お店表記)提供中とのこと。
豆腐4.JPG豆腐5.JPG豆腐6.JPG
ドリンク類も飲み放題。ジュースにお茶・コーヒー、もちろん豆乳だってありますよ。
ではでは時間制限もあることですし・・・早速、いっただっきまっす
豆腐7.JPG豆腐8.JPG豆腐9.JPG
豆腐10.JPG豆腐11.JPG豆腐12.JPG豆腐13.JPG
あはは・・・まるで茶色い弁当状態になっておりますが、まぁ、仕方なかです。
そんな中、すみっコマリンのお気に入りは・・・大豆の唐揚げ。
いわゆる大豆粉由来のなんちゃってから揚げなのですが、こういうのってお店で購入する
となると結構なお値段がするので、ここぞとばかりに頂く算段のすみっコマリン💣
さらに食べ進めていて気付いたことがひとつ。なんだか・・・味が薄いお料理がチラホラリ
健康志向の為薄味で~ということなのかもしれませんが薄味と味が薄いのって違うと思っているがっぱあや
薄味でもお出汁がしっかりと効いていれば美味しく感じられるものも味自体が薄いとなると本当に味気なく
しかも、美味しそうに揚がっている手羽先の唐揚げの中心部は何となくレア状態
そう言いつつもがっぱ夫は気にせず食べていたのでそう感じるのは個人差があるのでしょうけれど
ここで一気にテンションダウンのがっぱあや
しかも店内にはお店の方がズラリとスタンバイしているのに食べ終わったお皿の引きも悪く・・・
いつもかっぱの郷などで気持ちの良い接客に癒されているがっぱあやはさらにテンションダウン

・・・とつらつらと独りごとを並べてしまいましたが、あらゆる豆腐製品を使った工夫を
凝らした料理で食いしん坊さんたちのお腹を満たしてくれているのは紛れもない事実。
ですので、お昼時にかけてあれよあれよと満席になり、ウェイティングのお客さんも大勢
出て来るほどの賑やかさ。でもそんな待ち人さんの視線が直に突き刺さり落ち着かないのもまた事実💦
そんなちょっぴりブルーな気分に陥った時は、かっぱの気つけ薬である甘甘さんたちに
助けて頂きましょう。という訳で、豆腐スイーツコーナーの様子が・・・こちら
スイーツ1・1.JPGスイーツ1・3.JPGスイーツ1・②.JPG
スイーツ3.JPGスイーツ2.JPGスイーツ4.JPG
スイーツ5.JPGスイーツ7.JPGスイーツ6.JPG
おからドーナツにおからスコーン、おからブラウニー、豆乳プリンに豆乳杏仁豆腐など
ここではおから&豆乳群の勢力が強い模様。そんなヘルシーさが売りの豆腐デザートなら
すみっコマリンの小さな体にもさほど負担にならぬ筈。という訳で、いただきまっす
豆腐19.JPG豆腐21.JPG豆腐20.JPG
数ある品揃えの中、すみっコマリンが夢中になったのがココア風味のおからブラウニー。
確かに口に入れるとおからのもさもさ感があるけれど、かえってそれが食感となって
食べ応え十分。さらにおからドーナツの中にはあんこがインされていて、その思いがけぬ
出現に思わずニンマリニッコリのすみっコマリン。うふふ・・・なんだか得した気分
そんなこんなで、数々のお豆腐料理を堪能したかっぱ一行。
工夫が凝らされた美味しいお料理もあれば、ん・・・と思ってしまったお料理もあり。
さらにその他諸々、???と思ってしまったこともあったけれど、これらのお料理が
1080円で頂けるのであればまぁ、アリなのかな…と思いつつ(でも一度行けば十分かな💦)
イソフラボンパワーにてさらに骨太になり、堂々たる姿でブルーライオン号に乗り込む
すみっコマリン&がっぱあやだったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

かっぱの桜色&苺色に染まった日

先日のりゅ~んとのお花見の様子を聞くや否や、居ても立ってもいられなくなった
かっぱがひとり。その名も同じなちゅらる族の・・・ひょう
りゅ~んがその頬を桜色に染めたのであれば、是非とも自分も・・・と名乗りを上げ
向かった場所があったのです。それが・・・こちら
お花見1.JPGお花見2.JPGお花見3.JPG
ちょうど最後の見頃を迎えていた美しき桜の木。う~ん、美しか
やっぱりこの儚げな桜の色ってよかね~と方言丸出しで語り合うひょう&がっぱあや。
なんだかこれだけで胸いっぱいになっちゃうけれど、お腹は・・・いっぱいにならず💦
でも、ケンチャナヨ
この周りを桜の木々で囲まれたこの場所は、なんだか見覚えのある場所だから
という訳で、一行が訪れていたのは実は・・・こ・ち・ら
天拝1.JPG天拝2.JPG天拝3.JPG
それはお馴染み・・・もうひとつのかっぱの郷。正式名称は天拝の郷。ちなみに・・・
今月のお勧め料理は帆立貝と春野菜のマリネ&自家製パンチェッタのカルボナーラ
天拝4.JPG天拝5.JPG天拝6.JPG
かっぱの狙いはこの帆立貝と春野菜のマリネ。帆立好き好きかっぱにはたまらない一品。
さらに多くの目にも楽しい野菜料理が並ぶ中、充実の揚げ物コーナーの様子もチラッと
天拝8.JPG天拝9.JPG天拝10.JPG
お初にお目にかかります、筍饅頭・あおさ餡かけにみんな大好き・鶏の唐揚げに大分の
郷土料理でもあるとり天。唐揚げだけでなくとり天も揃っているのが九州ならではかも。
天拝11.JPG天拝12.JPG天拝13.JPG
こちらはスナック感覚で頂けちゃう牛蒡のチーズフリットにカレー風味のオニオンリング
迫力満点が嬉しい新わかめの掻き揚げと多種多様な充実ぶり。
天拝14.JPG天拝15.JPG天拝16.JPG
さらに自家製打ち立て蕎麦に自分好みにアレンジできるうどんセットにちらし寿司と
まさに多種多様、老若男女が楽しめるお料理がズラズラリ。
ではでは、そんな工夫いっぱいのお料理に感謝を捧げつつ・・・いっただっきまっす
天拝17.JPG天拝18.JPG天拝19.JPG
ひとまず、九分割皿の中央に据えてみたのは、新わかめの掻き揚げ。
ひとつひとつが大きく、口に入れるのが大変な程だけれど、中身はわかめの為・・・
見かけに反してアッサリと最後まで美味しく頂けまっす👊
そして、お皿横一列に陣取ったのは、帆立貝と春野菜のマリネ。
お勧め料理に謳ってあるだけあって、帆立もたっぷりとインされていて(さすがですね🎶)
それを春のカラフル野菜と頂けば身体の中からリフレッシュ出来そうで何とも嬉しい限り。
という訳で、調子づいてきたひょう、お次もこの帆立マリネを中心に品ぞろえ
天拝21.JPG天拝22.JPG天拝23.JPG
そこにパクチーがいっぱいトッピングされていたエスニック風サラダを添えれば
向かうところ敵なしの美味しさに。さらに、日頃はあまりパスタ類には手を出さない
がっぱあやですが、自家製パンチェッタの文句に惹かれちょいとお味見してみることに。
ははぁ、豚バラ肉の塩漬けというだけあって、お味がシミシミでパスタの具に最適。
その塩加減がカルボナーラのマッタリ濃厚なお味のアクセントとなり、至極のひと皿に。
いやぁ、このようなオリジナリティあふれるメニューが頂けるのもお郷ならではのこと。
そんな美味しいお料理に囲まれ、幸せな気分を味わい中の一行ですが(もちろん味わうのは
気分だけではないですよ🎶)
お腹が落ち着いてくると俄然気になってくるものがありまして。
それはもちろん・・・かっぱが恋焦がれてやまない愛しのスイーツメンバーたち。
ちなみに今月のスイーツテーマは先月に引き続き・・・苺のスイーツ
ではでは、その一部をご紹介
スイーツ1.JPGスイーツ2.JPGスイーツ3.JPG
スイーツ4.JPGスイーツ5.JPGスイーツ6.JPG
スイーツ7.JPGスイーツ8.JPGスイーツ9.JPG
まぁ、ブッフェ台が真っ赤に染まる・・・というわけではありませんが、イチゴの赤と
生クリームの白とその両方があわさったピンク色に染まったスイーツブッフェ台は
まさに幸せの縮図。ではさらにその幸せ時間に染まるべく・・・いっただっきまっす
天拝25.JPG天拝24.JPG
天拝28.JPG天拝27.JPG天拝26.JPG
真っ白なお皿を白赤ピンク色で染め上げる喜びよ。う~ん、幸せ
ちなみに、この日のひょうのお気に入りは、苺のショートケーキに苺のモンブラン。
普段は顔色にあまり変化のないひょうの頬も、ここぞとばかりにほんのり苺もしくは桜色。
という訳で、この日も郷の皆さまのおかげで、極上のひと時を過ごすことが出来た一行。
桜を愛で美しきもので心を満たし、そして、美味しいもので体を満たす・・・
これぞかっぱ流・幸せの極みやね~と笑顔で頷きあいながら、桜色に染まった頬で
ブルーライオン号に乗り込むひょう&がっぱあやだったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

かっぱのひとつ歳を重ねた日

ある夜のこと。いつものマッタリとした時が流れる中、がっぱあやの背中をトントン…
否、ツンツンする手がひとつ。その手の持ち主はがっぱ家一の暴れん坊・シュラ。
なぁに、何かかまって欲しいのかしらん、かわいいヤツよの~と微笑みながら振り向くと
そこには驚愕の光景が広がっていたのです。その姿というのが・・・こちら
シュラポフ1.JPG
何ということでしょう・・・振り返るとそこにはヘソ天姿でくつろぐ(?)シュラ嬢の姿が。
そうがっぱあやの背をツンツンしていた正体はシュラ嬢のピーンと伸び切った右前足。
早速のバカ親発言で恐縮ですが、日頃、道行く人々に、キレイなコね~という
お言葉をたっくさん頂戴しているシュラ嬢ですが、それがこうも変わるとは。
100年の恋も冷めるという言葉がありますが、まさにそんな感じ💣
でも、このような驚愕の姿を見ても、恋心は変わらない、否、もっと恋心が増していって
いるがっぱあや。うんうん、この脱力系シュラもたまらんとですよ・・・と
ため息を吐きながら、モシャモシャのお腹めがけてダイブするがっぱあやだったのです
そんなシュラ嬢ですが、本日、めでたく6歳の誕生日を迎えることが出来まして。
という訳で、数日前より前夜祭じみた光景が繰り広げられていたがっぱ家だったのです。
その第一弾が・・・こちら
シュラケーキ1.JPG
ピサの斜塔よろしく、今にも倒れそうになっているがっぱあやお手製シュラ専用ケーキ。
・・・なのですが、がっぱあやが愛しいシュラを思って欲を出し過ぎたばかりに
招いてしまったこの姿。本当はお見せするのもアレなのですが…まぁ、これも記録のひとつとして💦
シュラ専用1.JPGシュラ専用2.JPGシュラ専用3.JPG
このぷちカップケーキを土台に、ヨーグルトクリームを塗って、安納芋ペーストを
ニョロニョロさせる算段だったのですが、がっぱあやが欲をかき・・・
このカップケーキを三段重ねにしてしまったところから始まってしまったこの悲劇。
せっかくキレイにデコレーション出来た~と喜んだのもつかの間、シュラ嬢のもとへ
やってくるまでその姿はもたず・・・頭からズッコケること数回。(ケーキが・・・です💥)
でもがっぱあやには、作り直す気力も残っておらず・・・シュラ嬢のまだかまだかの
声に急き立てられるように何とか体裁を整え、シュラ嬢の前へ。さぁ、召し上がれ💣
シュラケーキ4.JPGシュラケーキ6.JPGシュラケーキ7.JPGシュラケーキ8.JPG
まぁ、いいさ、シュラ嬢にとっては見た目よりお味だよね・・・と開き直るがっぱあや。
そして、シュラの最初の一撃で崩れ落ちるなんちゃってケーキ。
そして、トッピングの施されていない部位から食べ進めていくシュラ嬢。
ん、ということは・・・このニョロニョロをはじめとしたトッピングたちって
シュラ嬢にとってはあまり重要でないってことかしらん💣
シュラケーキ9.JPGシュラケーキ10.JPGシュラケーキ11.JPG
そして最後に残りしは、がっぱあやが決死の覚悟(!?)で買い求めたイチゴ。
むむ…シュラ嬢にとってイチゴの存在ってそんなものなの~と、少々の落胆を覚えずには
いられないがっぱあや。まぁ、こればっかりは各自の好みというものがありますものね💣
よっしゃあ、わかりましたこの教訓を踏まえて、第二弾、行かせて頂きまっす
リベンジケーキ1.JPGリベンジケーキ0.JPG
先日、三段重ねで崩壊騒ぎを起こしてしまったがっぱあや。よって、今回は二段重ねにし
先日と同じく、カップケーキにヨーグルトクリームを塗り塗りトップに安納芋ペーストの
ニョロニョロを飾り、麓にはサイコロ馬肉&トマトをトッピング👊
リベンジケーキ2.JPGリベンジケーキ3.JPGリベンジケーキ4.JPG
そう・・・今回のメイン食材はこのサイコロ馬肉
さぁさ、シュラ嬢の好きそうなものばかりでこさえたお誕生日ケーキ、召し上がれ
リベンジケーキ5.JPGリベンジケーキ7.JPGリベンジケーキ8.JPG
大方の予想通り、シュラ嬢の狙いはまず、サイコロ馬肉。そりゃそうですよね。
しかし・・・ご覧くださいませ、この真剣な顔つきを。
シュラ嬢にとっては誕生日祝いのご馳走というよりは、真剣勝負の一瞬だったのかも💣
でもいいのですそのかけがえのない一瞬一瞬を積み上げ
素敵な思ひで作りをしていくのが、がっぱあやたっての願いなのだから~
そんなこんなで、数日間に渡り、日頃はお目にかかれないご馳走にありつけたシュラ嬢。
これからもどうか健やかに、そして出来るだけ長くがっぱあやのそばにいて下さいね
リベンジケーキ10.JPG
・・・という願いを込めながら、そのキレイなお顔を眺めてはそのマズル(鼻先)に
チュッチュの嵐を注ぐがっぱあやだったのでした~
posted by がっぱあや at 11:00| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

かっぱのぴよ色に染まった日

さぁてさて、チョイと前のことで恐縮ですが・・・サム母の南の島への帰還日当日のこと。
フライトの時刻は午後。ということは、腹ごしらえの時間が用意されているということ
サム母&がっぱあやコンビが追い求めているのは、刺激的なスパイスたっぷりの料理。
という訳で、いそいそと街へ出て、目指した場所が・・・こちら
スリランカ1.JPGスリランカ2.JPGスリランカ3.JPG
この日のおともかっぱすずぴよが見上げているのは、がっぱ地方の味の代名詞ともいえる
博多ラーメンの有名店一蘭が一階に構えるビル。えぇ、もちろん目的はラーメンではなく
そのビルの7階に店を構えるスリランカ料理店・CANARY(キャナリー)。
7階でエレベーターの扉が開くなり、目に飛び込んできたのは素敵な太陽と月の絵。
そして鼻に飛び込んでくるのは、香ばしいスパイスのかほり。このかほりが届くや否や
心拍数は急上昇、期待に胸を躍らせ、テーブル席へと落ち着くかっぱ一行だったのです💨
スリランカ4.JPGスリランカ5.JPGスリランカ6.JPG
店内は、白を基調にした感じのスタイリッシュで落ち着いた感じ。テーブル席のほかに
バーカウンターもあり夜は素敵な雰囲気でお酒を楽しむ事が出来る模様素敵
でも、今はランチ時。という訳で、ランチならではのお得なメニューをど・う・ぞ
スリランカ7.JPGスリランカ8.JPGスリランカ9.JPG
スリランカカレーにヌードルカレーはたまた元祖スパイスカレーうどんなるものもあり
選ぶ楽しさ満載。そんな中、すずぴよが注目したのが・・・こ・ち・ら
スリランカ10.JPGスリランカ12.JPG
ジャジャ~ン、こちらは本格スリランカ田舎料理プレートという8つの味が1プレートで
楽しめちゃうというメニュー。うふふ...色々な味を楽しみたい欲張りかっぱにピッタリ
ではでは、個別にご紹介
スリランカ11.JPG
6時の位置から時計回りに・・・すずぴよ色が眩しいじゃがいもカレーに
ルーヌテェルダー(玉ねぎの炒めもの)に豆カレーにおせんべのようなパパダン。
じゃがいもカレーはココナッツミルクが効いているのかほんのり甘めですし
飴色になるまで炒められた玉ねぎの甘さは言わずもがな。さらに豆カレーも優しいお味。
これだけ頂いていると、あいや、スリランカ料理って優しいお味ばかりなのかしらんと
思ってしまうほど。そしてチキンカレーになすモージュ(なすの炒めもの)にターメリック
ライスにその上にトッピングされているココナッツサンボル(ココナッツ味のふりかけ)
このチキンカレーやなすの炒めものあたりになってくると、スパイス感も増し増しに。
ははぁ、これは優しいお味のカレーとスパイシーなカレーと色々な味が入っているから
こそ成り立つ1プレートなのだなぁと、したり顔で頷くすずぴよ
スリランカ19.JPGスリランカ20.JPGスリランカ21.JPG
さらにこちらには、真っ赤に燃えるな出で立ちのカレースープが付いており、こちらは
なかなかの辛みあり。このカレースープを頂き尖がった刺激を感じた後は
すずぴよ色の優しいお味に包まれる・・・
う~ん、これぞかっぱ流・辛甘相互作用(いわゆる五味調和?)というものだから~
そんなこんなで、新たなるスパイス料理の世界を知ったすずぴよ
それにしても世界って広いのねぇ、この背に羽が生えていたならば、好きなところへ
好きな時にすぐさま飛んで行けるのに・・・と夢のようなことを考えながら
上機嫌で帰りのエレベーターに乗り込むすずぴよ&がっぱあやだったのでした~
そんなお腹の中から沸々と温まった一行ですが、その後・・・この機会を逃す手はないと
向かった場所がありまして。それが・・・こちら
スタバ1.JPGスタバ2.JPGスタバ3.JPG
それは街中にてスタイリッシュに佇む、皆様ご存知のスターバックスコーヒー。
普段、引きこもり生活を満喫中の為、外でお茶する機会があまりないがっぱあや。
ですのでこうして街に出てきた時こそ弾け時、しかも何やら魅惑的なすずぴよ色の商品が
お目見え中ではあ~りませんか。
そんな素敵な運命に身を任せオーダーしたのが・・・こ・ち・ら
スタバ4.JPG
その名もサンシャイン マンダリン マンゴー ティー フラペチーノ
ブラックティーにマンダリン、マンゴーを合わせ、仕上げにホイップクリーム、マンゴーソースとロースト
ココナッツをトッピング。ローストココナッツの食感が楽しい爽やかでクリーミーな味わいのフラペチーノ

うふふ・・・こうして並んでいると、すずぴよが3人並んでいるみたい。
スタバ4・0.JPGスタバ5.JPGスタバ7.JPG
トップにはタップリのホイップクリームにマンゴーソース。・・・とくればまずはこの
クリームから味わわんとドーム状のカバー上部の穴にスプーンを入れ引き出そうもするも
穴が小さすぎて上手く出てこない予感。う~ん、どうすべか。
このカバーを取るとせっかくの形が崩れそうだし、でこの穴では狭すぎるし。
スタバ初心者のがっぱあやは悩む悩む。・・・とここでサム母よりありがたき助言が
これは別々に食べるものじゃなくって、全部一緒くたにして飲むものなのよ
ははぁ、さようですか。では、もったいないけれどストローでグルグルして頂きまっす
スタバ8.JPGスタバ10.JPGスタバ11.JPG
・・・とここでタイミング良く、お店の方からスコーンの試食を頂いたすずぴよ
ひと口サイズの小さな小さなスコーンだけれど、有ると無しとじゃ大違い。うふふ…嬉しい🎶
こうしてスコーンをありがたく頂いた後に、マンゴー ティー フラペチーノを味わう一行。
う~ん、これは美味しい。マンゴーの甘さだけでなくマンダリンのさっぱりとした
爽やかなお味も効いて、さらにそれに何かのプチプチ感が加わり(ローストココナッツ?)
食感も楽しく、五感すべてで美味しさを味わえるようなそんなSPドリンク。
これぞ、すずぴよ色に染まるに、一番、手っ取り早い方法だから~
そんなこんなで、念願のスタバデビューを無事に果たすことが出来たすずぴよ
スパイスの効いたもので心と体を温め、その後、甘く冷たいものでクールダウン・・・
これぞ究極のかっぱ生の楽しみ方だから~と、新たにこさえた格言を胸に、上機嫌で
街の喧騒へと消えていくすずぴよ&がっぱあやだったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

かっぱの食べた日

新しい月になると、俄然、居ても立ってもいられなくなるかっぱが・・・たくさん。
というのも・・・かっぱのお郷のメニューが一新されるから👊
という訳で、あいにくの小雨降る中、お出かけのかっぱがひとり。その名もりゅ~ん
お出かけ先はいつものかっぱの郷・・・正式名称は千石の郷なのですが
この日は馴染みのゾウさんのお鼻を借りてでなく、自力で郷への坂道を上がるりゅ~ん
その理由が・・・こちら
千石1.JPG千石2.JPG千石3.JPG
それは、今まさに見頃を迎え中の桜の木を愛でる為。傘が手放せない程の雨が
恨めしいけれど・・・その雨が桜の色をより美しく引き立ててくれているのもまた事実。
あぁ、花の命は短いけれど、美しく咲き誇り、そして散っていく様は何とも潔い・・・
千石4.JPG千石5.JPG千石6.JPG
そんなことを呟きながら、馴染みのゾウさんにご挨拶がてらウィンクしながら
お郷の入り口をくぐるかっぱ一行だったのです💨
ちなみに今月は春の新作メニュー目白押しということで、春の彩りパスタ3種&
スペアリブの中華炒め&豚のフィレカツ
など、ワクワクメニューが勢揃い
千石7.JPG千石21.JPG千石9.JPG
この日は平日の昼間にもかかわらず、ちびっ子たちの春休み最終日ということもあって
レストラン内は早い時間から大わらわ。よって、このようなちびっ子たちが好みそうな
メニューの回転率の良いことよ。さらに、お楽しみの揚げ物コーナーもチラッとね
千石10.JPG千石11.JPG千石12.JPG千石13.JPG
愛しの揚げ立て揚げものコーナーには、白身魚のフリッターをはじめ、山菜のかき揚げ
旬のタケノコに鰯明太の天ぷらとよりどりみどり。でも大好物の海老天の姿が無いのはちと寂し💦
そしてサラダコーナーには春のパワーサラダをいうことで、春野菜をふんだんに使った
お野菜料理がズラズラリ。ではではまずはそちらを中心に・・・いっただっきまっす
千石14.JPG千石15.JPG千石16.JPG
工夫を凝らしたお野菜料理の中から、りゅ~んがまず惹かれたのは、初鰹入りのサラダ。
大きめサイコロカットの鰹のたたきが食べ応え十分で、ぷちサイコロカットのアボカドや
タップリの玉ねぎスライスたちと頂けば、これだけで十分なメイン料理となる美味しさ。
さらに、あったか料理コーナーの桜エビとなんとかのアヒージョからマッシュルームを
チョイス(というか他に具が見当たらなかった)。うふふ・・・マッシュ3兄弟、かわいらしか
千石17.JPG千石18.JPG千石8.JPG
お次は揚げ物コーナーから、白身魚のフリットと豚のフィレカツに初鰹サラダを添えて。
運良く揚げ立てのタイミングに出会えた為、すかさずGETした白身魚のフリット。
程よく味の付いたその身はアツアツの為、とろけるようで、う~ん、美味しい
さらに豚のフィレカツには数種のソースが用意してあり、ここでは味噌田楽をチョイス。
束の間の名古屋飯気分を味わうことが出来、大満足のりゅ~ん
そして・・・密かにがっぱあやがこの日のメイン料理に据えていたこちらの登場でっす👊
千石19.JPG千石20.JPG
こちらが今月のメイン料理のひとつであるスペアリブの中華炒め
大好物の骨付き肉・スペアリブの登場ということで楽しみにしていたのですが、中華炒めということで
衣を付けて一度油で揚げ、味付けを施してあるせいかちと味がくどく、あまり量は食べられない感じ
このような食べ応え十分のお肉はかえってシンプルな味付けの方が美味しく頂けるのでは~と思ったり

・・・とまぁ、ちょいと思惑違いのスペアリブ料理でしたが、やはり肉肉しい料理は
皆さまにも人気のようで、大皿で提供されてもすぐにお肉だけ姿が見えなくなるという
事態に。そんな骨付き肉にフラれはしたもののケンチャナヨ。
かっぱの心はすでに心あらず状態(変わり身が早いともいう💣)
その理由は、もうひとつのメイン料理の存在にありだから~
という訳で、かっぱの真の目的であるこちらのメンバーたちの登場でっす
スイーツ4.JPGスイーツ5.JPGスイーツ6.JPG
スイーツ1.JPGスイーツ2.JPGスイーツ3.JPG
スイーツ7.JPGスイーツ8.JPGスイーツ9.JPG
スイーツ10.JPGスイーツ11.JPGスイーツ12.JPG
今月のスイーツテーマは真っ赤なプリンケーキと春の新作スイーツということで
先月ほどではないにしろ・・・赤色優勢気味が嬉しいスイーツブッフェ台。
でも、ピンク色したプリンのムースケーキはあったけれど、真っ赤なプリンケーキは無かったような💣
ではでは、またもや身体の中から情熱的な色に染め上げるべく・・・いっただっきまっす
千石22.JPG千石23.JPG
千石24.JPG千石24・②.JPG千石24・61.JPG千石25.JPG
この日のりゅ~んのお気に入りは、桜風味のニョロニョロがアクセントになった
豆乳クリームの桜モンブランに、チーズの濃厚さの中にもベリーの甘味と酸味がキラリと
アクセントとなっているチーズムース。もちろん苺のショートケーキも外せませんがな。
こうしてひと通りお味を見た後はお気に入りばかりを集めてSP皿を作るのもまた楽し。
という訳で、この日の〆皿というのが・・・こ・ち・ら
千石26.JPG千石27.JPG千石28.JPG
主役に据えたのは豆乳クリームの桜モンブラン。桜風味のニョロニョロに豆乳風味の
クリーム、それをサンドしているしっとりとしたチョコスポンジ。
どれをとっても主役を張れるくらいのそれぞれのお味なのに、この3つがあわさることで
さらなる高みにのぼって行けそうなそんな沢山の美味しい要素をもったケーキ。
その両脇を固めるは、苺のショートケーキ。これは安定の美味しさで、う~ん・・・幸せ
そんなこんなで、この日も先月に引き続き赤色色素をふんだんに取り込んだかっぱ一行。
日頃、色素薄めなりゅ~んだけれど、頬に赤みが差すってこんなに気持ちが上がること
なのね~と感激しながら、上機嫌で桜色に染まった郷を後にするりゅ~ん&がっぱあや
だったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

かっぱの秘境を訪れた日 続

さぁてさて、佐賀県は小城の秘境で鯉料理を堪能した後のこと。
美味しい料理の後はデザート🎶とばかりに向かった場所があったのです。
それが・・・こちら
小城羊羹へ1.JPG小城羊羹へ2.JPG小城羊羹へ3.JPG
が降り立ったのは、あの本殿へのぼる急な階段がシンボル(?)須賀神社・・・の麓。
さぁ、せっかくきたから神様に手を合わせていくべ・・・という信仰心が全くない一行。
過去何度か訪れたことがあるし、今、あの階段を上る気力はナシの為💦
そのままクルッとまわって駆けこんだのが、道路挟んで向かい側にある村岡総本舗
こちらは小城名物である小城羊羹の的存在であるお店で、かっぱ一行も幼少時より
慣れ親しんだ味・・・ということで、これまたノスタルジックな思いにちょいと
駆られてみたり。そんな中、サム母が買い求めたものが・・・こ・ち・ら
小城羊羹へ5.JPG小城羊羹へ6.JPG小城羊羹へ7.JPG
こちらはひと口サイズ(実際には3口位?)が嬉しい小型小城羊羹。村岡屋の看板商品である
小城羊羹と違い密閉してあるので消費期限も長く、お配り用のお土産にもピッタリ
こうして、素敵な甘々ちゃんをGETした後は・・・こちらへGO💨💨💨
天山1.JPG天山2.JPG天山3.JPG
筋金入りの酒豪に連れられて参ったのは、天山酒造さん。
造り酒屋さんのシンボルである酒林(さかばやし)(またの名を杉玉)に釘づけの
毎年、新酒が生まれると青々とした杉の葉に替えられるということですが、この杉玉の
色の変化でお酒の出来具合が分かるとは、酒飲みさんにとっては、まさに・・・
幸せの黄色いハンカチ状態だから~
そして、せっかく立ち寄ったのですもの、ちょいと見学させていただくことに。
天山5.JPG天山6.JPG天山7.JPG
造り酒屋さんということで、外観はな感じたっぷりですが、館内はどこか洋風チックで
これまたノスタルジックな感じ。そして見つけたるは、天山の仕込み水が蓄えられた
陶器製のウォーターサーバー。
この仕込み水は、天山山系の伏流水で、カルシウムやマグネシウムといったミネラルを
豊富に含む硬水とのこと。そのお水が試飲出来、ふむふむ・・・確かに硬い。
硬水のあのクセのある味が好きなかっぱにとっては、願ったり叶ったりのお水。
天山8.JPG天山9.JPG天山10.JPG天山11.JPG
この仕込み水を使って造られるお酒とくりゃ、さぞ、美味しかろうけれど・・・
残念ながら、がっぱ家かっぱたちは筋金入りの下戸かっぱ💣💣💣
しかしながら、好奇心旺盛さだけは誰にも負けませぬ、密かにお酒売場へ潜入する
天山12.JPG天山13.JPG天山14.JPG
まず目に飛び込んできたのは、プロレスのマスク。
これは・・・同姓同名のレスラーの方とのコラボ商品!?
さらに、酒瓶が可愛くおめかししているのを見たり、はたまた本物の日本酒マスクに
驚愕したりと下戸かっぱなりに楽しんでいる模様。
そんな中・・・呑兵衛たちが選びし一本が・・・こ・ち・ら
天山15.JPG
その名も天山 超辛口。なんでも、ただ辛いだけの日本酒を卒業した方へおすすめの
辛くて旨いお酒
とか。いやぁ、下戸かっぱには何が何やらチンプンカンプンですが
その土地ならではの美味しいものをGET出来た喜びに、ホクホク顔で酒瓶を抱えて
ブルーライオン号に乗り込む。そしてその夜・・・早速、瞬く間に酒瓶を空っぽにする
サム母&がっぱ夫だったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

かっぱの秘境を訪れた日

さぁてさて、先月のサム母飛来中のこと。
せっかくがっぱ地方に来たからにゃ、美味しいもの探訪をせねばね~と(いつものことですが)
ブルーライオン号のハンドルを巧みに操り(いわゆる峠越え)、エンヤコラと県境を越え
辿り着いた場所があったのです。それが・・・こちら👊
小城へ1.JPG小城へ2.JPG小城へ3.JPG
この季節、鯉のぼりの吹き流しが川面を彩る様が美しい、佐賀県は川上峡を走り抜け
辿り着いた先は・・・秘境という文字がピッタリとくるような山間にある集落。
そして、マンホールに描かれた鯉の姿に驚きを隠せない様子のこの日のおともかっぱ
そう・・・ここは全国名水百選にも選ばれた透き通る清流にさらされた鯉を使ったお料理が
頂ける佐賀県・小城町。過去、数回訪れ、すっかり鯉料理の虜となっていたかっぱ一行。
小城へ4.JPG小城へ5.JPG小城へ6.JPG
という訳で、早速、お店の専用鯉放流場を覗きこみ、この日の獲物に狙いを定める
・・・とまぁ、そんなかっぱはさておき、一行がお邪魔するのは滝見屋さん。
小城へ7.JPG小城へ9.JPG小城へ10.JPG
昭和のかほりプンプンする建物に足を一歩踏み入れれば・・・
ノスタルジックな気分に浸れること請け合い。
小城へ11.JPG小城へ12.JPG小城へ14.JPG
そして、2階の部屋からの眺めは、向こう側に緑が広がり、目にも優しい感じ。
さらに、ノスタルジックやかんでお茶を頂けば、更にほっこり出来ること請け合い。
そうこうしているうちに・・・待ちに待った鯉のあらいの登場でっす
小城へ15.JPG小城へ16.JPG
さて、こちら何人前と思います?答えは・・・3人前
ご覧くださいませ、この豪華な感じをこれぞ、夢の鯉のあらい食べ放題
小城へ18.JPG小城へ19.JPG小城へ20.JPG
大中サイズのお皿にまずキャベツの千切りが敷かれ、その上には細かい氷が散りばめられ
その上に鯉のあらいが隙間なく敷き詰められ・・・見るも圧巻な鯉のあらい皿の完成
そのお皿の縁には、クルクルと巻かれた鯉の皮がコンニチハ
そして、これまたタップリの量の酢味噌に葱&唐辛子といった薬味もスタンバイOK👊
小城へ21.JPG小城へ22.JPG小城へ17.JPG
そして、間髪おかずにやってくるのは、お鍋&おひつセット。
このお鍋には・・・もうひとつの主役である鯉こくがタップリと。
そうそう、誰かさんの傍らには、ビールの瓶も忘れずに💣
ではでは、まずはひと通りセティングして・・・かっぱ特製鯉料理定食の完成で
小城へ23.JPG
好きなだけ食べられるくらいの量の鯉の洗いに、これまた鯉の身たっぷりの鯉こく。
まぁ、鯉好きさんでないとまったく魅力を感じられないようなこの組み合わせですが
かっぱ一行にとっては、この上ない程のご馳走。ではでは、心していっただっきまっす
小城へ24.JPG小城へ25.JPG
まずは鯉の洗いにタップリと酢味噌をかけて。
あいや、タップリ過ぎや~んと思うこと無かれ。
サラリとした、あまり味の濃くない酢味噌ですので、ひたひたに浸して食べられまっす。
この他、ポン酢や柑橘酢などありますが、がっぱあや的には酢味噌で頂くのが一番好き。
さらに、備え付けの唐辛子をトッピングすればその美味しさに追い打ち(?)をかけてくれ
う~ん、美味しい。これぞわざわざ秘境まで足を運ぶ甲斐があるってものだから~
小城へ26.JPG小城へ27.JPG小城へ28.JPG
そして、こちらも大好物の鯉こく。ご覧のように、各部位の身がタップリ。
白味噌やらなんやらでちょいと甘めに仕上げてあるのがかっぱ好み。
たぶん、お店によってこの鯉こくのお味も違うでしょうから、他のお店で冒険してみたい
気持ちもあるのですが・・・このドンピシャな味を差し置いて他に行くことも出来ない
かっぱ一行。でもよかとです好きなところにはとことん通えば良いのだから~
そんなこんなで、久方ぶりの秘境の味に舌鼓を打ったかっぱ一行。
そう頻繁に来ることが出来ない場所だけれど、生きるのに疲れた時にはまた寄らせて
もらいますから~と心の中で呪文のように唱えながら(事実・鯉料理は滋養強壮に効くとです👊)
上機嫌で鯉の郷を後にする&がっぱあやだったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

かっぱの食べ納めた日

今月は、待ちに待ったイチゴスイーツ&ぷちレッドオーシャンの恩恵に被り、身も心も
真っ赤に染まり中のかっぱが・・・たくさん
そんな嬉し月も終わりを告げようとする頃、さらに最後の追い込みをかけんとばかりに
この日のおともかっぱちびさーっを頭に向かった場所があったのです。
それが・・・こちら
千石0.JPG千石1.JPG千石3.JPG
かっぱ移動バッグがまるでレスリングのユニフォーム仕様になっているちびさーっ
馴染みの象さんの鼻に揺られ辿り着いたは、お馴染みかっぱの郷・正式名称は千石の郷
もちろんお目当ては・・・お楽しみの苺のスイーツ
スイーツ01.JPGスイーツ00.JPG
がっぱあや的にはすぐさまこの苺スイーツ色に染まってもよいのですが・・・
何事にも順序というものがあるようでして。という訳で、まずはいつもの前菜から👊
千石10.JPG千石11.JPG千石12.JPG
ちびさーっのお目に留まり、9分割皿の中央に据えられたのは海老の天ぷら(揚げ立て🎶)
うふふ・・・このな感じに心ときめくのはなぜなのかしら~ん
さらにビンゴ!の様なお皿使いで揃えたのは、春の風物詩・・・筍料理(土佐煮&天ぷら)
食べ物で季節を感じる・・・これぞ食いしん坊にとって、何よりのことだから~
そして今月2度目の訪問となれば、迷うことなくお皿作りが出来るのも嬉しいところ。
千石13.JPG千石14.JPG千石15.JPG
こちらは、ラムのエスニック煮込みを主役に据えたつもりだったのですが、肝心の
ラム肉が見当たらず・・・ちと残念に思ふちびさーっ。でも、ケンチャナヨ
ラム肉が無ければ海老天を食べればいいじゃない~ということで、すかさずGET
この日は、世間は春休み・・・ということで、いつもよりもお客さん率が高く
混み混みだったのですが、逆に言えば、人気料理は回転率も良いということでして・・・
天ぷらに至っては揚げ立て率が高く、ついついついつい手が伸びてしまうという結果に
いやぁ、揚げ立てアツアツの揚げものの美味しさに勝るものナ~シ👊
・・・といったそばから、既にかっぱの心は他にあり。かっぱ心と秋の空、まさにそんな感じ💣
そんな一行の心をつかんで離さないのは、もちろん、あの真っ赤に燃えるブッフェ台。
ではでは、その様子をチラッと・・・どうぞ
スイーツ1.JPGスイーツ2.JPGスイーツ3.JPG
スイーツ4.JPGスイーツ5.JPGスイーツ6.JPG
スイーツ7.JPGスイーツ8.JPGスイーツ9.JPG
スイーツ10.JPGスイーツ11.JPGスイーツ12.JPG
スイーツ13.JPGスイーツ14.JPGスイーツ15.JPG
とまぁ、苺スイーツ一辺倒でなく、桜スイーツや、いつもの定番スイーツ等々
バラエティに富んだ品揃えというのも嬉しいところ。
ではでは、今季の苺スイーツ食べ納めとばかりに・・・心していっただっきまっす
千石16.JPG千石18.JPG
千石17.JPG千石19.JPG
この日のちびさーっの狙いは、苺スイーツの王道・・・ショートケーキ
ふんわり軽いスポンジにミルキーな感じの生クリームでお化粧、トップには真っ赤な苺。
紅白の苺のショートケーキに添えるかっぱの緑が美しく・・・見惚れてしまいますがな~。
さらに、その見事なビジュアルに惹かれてチョイスのモンテリマール。↑右端・上から2番目
敷きつめられた色とりどりのドライフルーツの見た目も鮮やか、さらにムースケーキとの
相性も素晴らしく。美しくて美味しい・・・それが一番のかっぱポイントだから~
そんなこんなで、大好きな苺の君との甘~いひと時を過ごしてきたちびさーっ
そして、やってくるお別れの時。ではでは、後悔の無いチョイスをやり遂げたまえ~
千石20.JPG千石22.JPG千石21.JPG
すると、何ということでしょう、まさかのブラウン系でまとめられてしまった〆皿たち。
せっかくの苺スイーツの食べ納めですもの、最後の最後まで真っ赤に輝くお皿でいて
ほしかったのに、こんな結果になろうとは。
でもまぁ・・・そんなあなたが好きなんだけどね
という訳で、思いもかけなかった幕切れを迎えたかっぱ一行ですが、ケンチャナヨ
千石30.JPG千石31.JPG
4月のスイーツブッフェ台は、またまた真っ赤に染まるみたいですし、かっぱに不可欠の
美肌メニューが目白押しだとか。うふふ・・・こりゃ、早速に行かねばなるまい
そんな早くも次の訪問に心を馳せながら、苺色に染まった頬で下界への道を
上機嫌で転がりゆくちびさーっ&がっぱあやだったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

かっぱのクリームの海に溺れた日

さぁてさて、久方ぶりに活動を開始したプチバビエたち。
そんな彼らが会場入りする前に、景気づけ~とばかりに立ち寄った場所があったのです。
それが・・・こちら
エッグスン1.JPGエッグスン3.JPGエッグスン2.JPG
それは・・・がっぱ家かっぱたちが愛してやまないお店エッグスンシングス福岡天神店
お店のアプローチには、本日のSPオムレツのメニューや素敵過ぎるSPパンケーキの
案内が。もちろんかっぱ一行が目指すはこの・・・日本上陸7周年記念のパンケーキ
エッグスン4.JPGエッグスン5.JPGエッグスン6.JPG
SPパンケーキとは・・・"コナ"ティラミスパンケーキ&ストロベリーチーズパンケーキ
全身イチゴ姿のプチバビエチョイスはもちろん・・・ストロベリーチーズパンケーキ
ドリンクメニューにも、桜スムージーやらスカッシュなど春ドリンクがズラズラリ・・・
なのですが、それらをスルーして、ここ最近お気に入りのジンジャーレモンスカッシュと
誰かさんお決まりのハワイビールをオーダー。そう・・・南の島よりサム母飛来中👊
という訳で、まずはサム母オーダーのオムレツから👊👊
エッグスン8.JPGエッグスン9.JPGエッグスン10.JPG
こちらはこの日の本日のスペシャルオムレツの・・・エビとポテトの明太
こちらのオムレツはその仕様からパッと見、全部同じに見えるので、チラッとめくり
中身の確認。すぐさまポテトの姿は確認できたのですが、ここであることに気が付いた
オムレツの具にポテトがあるにもかかわらず、付け合わせにもポテトを選んでる
  何でもオムレツは付け合わせを・・・ライス・トースト・ポテトの中から選べるらしい・・・
う~む、どんだけポテト好きなのか。ここで思ふ。あくまでがっぱあやの見解ですが
ポテトでお腹いっぱいになるよりも・・・パンケーキ&大盛りホイップでお腹いっぱいに
なる方が断然イイという訳で、お待ちかねのこの方の登場でっす
エッグスン11.JPG
こちらが7th Anniversaryパンケーキ、その名もストロベリーチーズパンケーキ
甘酸っぱいイチゴとチーズの酸味が爽やかなストロベリーチーズクリームをたっぷりとかけたパンケーキ
イチゴの爽やかな味わいとコクのあるストロベリーチーズクリームのマッチングをお楽しみください

あぁ・・・なんて素敵な光景なのでしょう。憧れのイチゴスイーツの夢の図を
そのままお皿に再現させたようなこのお姿に、プチバビエたちももうウットリ
エッグスン12.JPGエッグスン13.JPGエッグスン14.JPG
4枚重ねのパンケーキにはパステルカラーのストロベリーチーズクリームがタップリと。
そしてその上&サイドには真っ赤なイチゴ。もちろんホイップクリームもタップリと。
エッグスン15.JPGエッグスン17.JPGエッグスン21.JPG
いつまでもこの夢のような光景に浸っていたいけれど悲しいかなホイップタワーの崩壊を
招くのも時間の問題かも・・・と、意を決してナイフとフォークを入れるプチバビエ
そしてふっくらとしたパンケーキにイチゴ色クリームをタップリとオンして頂く幸せよ。
このクリーム、ストロベリーチーズクリームというだけあって、程よい甘味に爽やかな
酸味がプラスされ、さっぱりとした仕上がりに。さらにホイップクリームの方は
甘さ控えめでこのストロベリーチーズクリームにさらに上乗せして頂くのもまた楽し。
ちなみに今回のSPパンケーキのパンケーキ数は4枚、いつものレギュラータイプのものは5枚
よって、いつもよりも贅沢なクリーム使いが出来るのも嬉しいところ🎶

ちなみにこの7周年記念パンケーキは今月いっぱいまでの提供とのこと。
来月4月から中旬まではイースター限定パンケーキキャロットパンケーキがお目見え。
こちらも是非とも対面したいところだけれど、スケジュール的にちょいと難しいかも💦
そんなこんなで、いつもにもまして夢のようなひと時を過ごしたかっぱ一行。
この春色満載のパンケーキに出会えたことはプチバビエたちのひと財産となる筈。
さぁ、これで心と体のパワーチャージはOK、後はあのレッドオーシャンの海にチャポン
するだけ~とこれから始まる熱い時間に想いを馳せながら、意気揚々とお店を後にする
プチバビエ&がっぱあやだったのでした~

さらに・・・パンケーキ物語、もういっちょ👊
いきつけの廻るお寿司屋さんの前にて、不敵な笑みを浮かべるかっぱがひとり。
なめロー1.JPGなめロー2.JPGなめロー3.JPG
その名もかっぱなめこ。そのお店の名はスシロー
そのお目当てのメニューとは・・・ココナッツベリーパンケーキ
スシローさんで第3弾のパンケーキフェアーが始まったと情報を頂いたときから
その訪問を今か今かと熱望していたかっぱなめこ。さぁ、今がその願いがかなう時
その待ちに待ったパンケーキのお姿が・・・こ・ち・ら
なめロー4.JPG
丸一周、レーンを回ってきた為、ダレダレ気味の感じが否めませんが、ケンチャナヨ。
かっぱなめこの目にはきっと、エッグスンシングスのような麗しのパンケーキのお姿のように
見えている筈。ちなみに、今回の第3弾はココナッツベリーパンケーキということで
手ぐすね引いて待ち構えていたココナッツ好きかっぱ
なめロー5.JPGなめロー6.JPGなめロー7.JPG
備え付けの木製のナイフ&フォークでカットに興じるかっぱなめこ。そしてひと口パクリ。
メレンゲを贅沢に使ったふわふわの生地・・・ということですが、端っこは木製ナイフでは
カットできない程の丈夫さ。でも、ケンチャナヨこのココナッツムース&ソースと
頂けば、楽しいパンケーキ気分に浸れること間違いなしだから~
まぁ、フワフワ生地のパンケーキと思わずに、ホットケーキ仕様だと思えばいいのです。
そして特筆すべきはこのココナッツソースの美味しさ。
第1弾のストロベリー・第2弾のマンゴーと続いてきましたが、個人的にはこの第3弾の
ココナッツソースパンケーキが一番・・・好き
そんなこんなで、こちらも念願のパンケーキに舌鼓を打つことが出来たかっぱなめこ
あぁ、いつに日か、5皿・・・否、3皿位オーダーして、パンケーキ一色(一食!?)気分を
味わってみたい・・・そんなやんちゃなことを思いながら、早めの再訪を夢見て
上機嫌でお店を後にするかっぱなめこ&がっぱあやだったのでした~
posted by がっぱあや at 09:00| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする